施工事例
  • 事例紹介
    • 複合商業施設・百貨店・量販店
    • 専門店(飲食・物販店)
    • 博物館・美術館・博覧会・その他
  • プロジェクトを語る

プロジェクトを語る

店舗や施設の照明プランづくりから、照明機器の納入、アフターメンテナンスまで、日々様々な業務に取り組むスタッフが、過去の印象深いプロジェクトについて語ります。

Project
世界文化遺産 国宝姫路城
大天守保存修理工事(平成の大修理)
西日本営業本部 大阪支店
営業1部 1課 課長
福井 秋人

1346年(元平元年)に赤松貞範が築いた姫路城は、600年以上の年月を経て1993年12月、世界文化遺産に指定されました。その姫路城で2009年に着工になった『大天守保存修理工事』に、弊社が携わらせていただくこととなりました。
近代建築と違い、姫路城には設計図面はもちろん、詳細な資料は全くなく、あるのは建築の際に使用したとされる尺図だけでした。そのため、寸法を計算し直した上で、最適なLED照明器具を提案させていただきました。
今回の工事で特に気をつけたのは、姫路城に傷をつけないように設置することでした。普通は電源コンセントから電力を引きますが、姫路城には電源が無いため、電源無しで点灯させる照明器具の製作に、メーカー様の協力を得ながら取り組みました。試行錯誤を繰り返して、充電式の器具を製作。電気容量や充電時間などの問題も考えながら、LED仕様の灯篭を製作することができました。
何回も器具の寸法見直しや明るさの見直しなど、承認を得るまで多くの時間を費やし、ようやく仕様が決定。しかしいざ納品となると、搬入車両ですら近くまで近づけることができません。更に城内にはエレベーターもないうえ搬入経路も非常に複雑で、しかも納品当日は大雨。大勢のスタッフが手運びし、ひたすら荷卸しを繰り返して開梱・検品し、設置までに5時間以上かかったことを昨日のことのように憶えています。
寒い冬の時期で雨も降り続く悪天候の中、汗ビショになりながら商品を搬入して感じたことは、姫路城の石積みや太い柱などを600年以上前はどのようにして運び込ん(納品)だんだろう?ということでした。そのようなことを考えながら、築城に携わった先人たちの苦労を思い浮かべつつ、グランドオープンした姫路城を見ると、今もドヤ顔をしたくなります。
この『大天守保存修理工事』プロジェクトは自分にとって、過去に例のないほど責任の重い仕事であると共に、絶対に逃げることができない仕事でした。この重たい仕事を、与えられたチャンスと捉えて、数々の課題をメーカー様や上司の協力を仰ぎながら、なんとかクリアすることができました。納期や器具の製作のプレッシャーに押し潰されそうになりながら、上司への報告・連絡・相談を密に行い工期内でできたことが、今は私の誇りになりました。
今後は次の改修、その次の改修にも声を掛けていただけるよう自分自身を磨き、また部下を育成して、『フジコーに任せればプロフェッショナルな仕事をしてもらえる』という伝統が途切れることのないようにしていきたいと思います。若い世代に、フジコーの伝統を引き継いで行くことの大切さを学んだプロジェクトでした。

Project
イオンモール岡山
西日本営業本部 大阪支店
営業1部 1課 主任
浜田 直樹

2013年4月に着工したイオンモール岡山(延床面積250,000m2)の新築工事で、入居される全テナント数362店舗のうち半数近くの146店舗に納品させていただきました。
フジコーの本社(大阪市東成区)から岡山の現場までは約200kmもあります。日々の納品を考えると往復6時間の無駄な時間や高額な高速道路料金、交通渋滞や交通事故のリスクの増大などが考えられました。当然運び込んだ商品は現場で決められた日、時間にそれぞれのお店に分けて納品しなければなりません。お客様に迷惑は掛けられないうえ、運送にかかるリスクを無くすため、2014年8月中旬から10月中旬までの約2ヶ月間、私たちは岡山の現場近くにアパートを借りて常駐することにしました。
常駐社員の選定や人数、現地に配置する備品や現地倉庫の確保など様々な問題がありましたが、仕入先の照明メーカー様のご支援や上司の協力により、無事に業務を完了することができました。
特に、今回お世話になった照明メーカー様には、自社で使用されている倉庫の一部を弊社の現場事務所として提供していただきました。本当に感謝しております。
また、電気工事業者様や内装工事業者様と搬入時間・搬入ルートなどを毎日きめ細かく打合わせさせていただくことで、トラブルも無く商品を搬入することができました。徹底した現場とのコミュニケーション・検品作業・デリバリーはフジコーの強みですので、今後も欠かすこと無く取り組みたいと考えています。
イオンモール岡山という大きなプロジェクトで、現場の指揮をとらせていただけたのは、自分自身にとっても大きな経験と刺激になり、ステップアップのきっかけとなりました。今回の経験を生かし、今後もお客さまのことを一番に考えて、何事にも段取り良く、スムーズかつ正確にをモットーに、努めていきたいと思います。

ページトップへ